低用量ピルでニキビとおさらば!

ニキビを気にする女性のイラスト

ニキビにお悩みの方も多いでしょう。治ってきたかと思ったらまた大きくなってきたりなど、しつこくなかなか治らないニキビ。そんな悩みに低用量ピルが効くらしいんです。これであなたもきれいな肌に!

低用量ピルがニキビに効く?

低用量ピルは飲むことで体内の女性ホルモンのバランスを調整し、排卵をストップさせたり受精卵が着床しづらい環境を作って妊娠を防ぐための避妊薬です。しかし、それ以外にも女性ホルモンの分泌バランスによって起こるPMSや生理痛、子宮内膜症、ニキビなどの治療にも使われています。女性特有の症状や病気の治療に使われるのはわかりますが、なぜニキビの治療にも使われているのでしょうか。
それは、ニキビが男性ホルモンの働きにより、皮脂が過剰に分泌されてしまっていることが原因のためです。男性ホルモンは男性だけに分泌されているものではなく、少量ですが女性にも分泌されています。そのため何らかの理由で男性ホルモンの分泌量が増えてしまった女性は皮脂の分泌が過剰になってしまい、ニキビができやすくなってしまいます。ニキビの根本の原因は、過剰な皮脂が毛穴に詰まってしまうことにあるためです。そこで低用量ピルを飲むと女性ホルモンのバランスを整えて男性ホルモンの分泌量を抑えることができるようになり、ニキビだけではなく男性ホルモンが原因とされている多毛などの症状も軽減されると言われています。実際に海外ではニキビの治療薬として認可されている低用量ピルもあります。
注意点としては、低用量ピルなら何でもニキビを改善する効果があるというわけではないということです。低用量ピルに配合されている黄体ホルモン剤には男性ホルモン作用があるためです。さらにそれぞれ配合されている女性ホルモンの性質が違うため、体質によっては低用量ピルを服用してもニキビが改善しないことがあります。選ぶポイントとしては男性ホルモンの働きを抑制する抗男性化作用のある低用量ピルを選択するようにしましょう。